DM料金を比較するポイント

TOP > DMの基礎知識 > 印刷料から発送まで一括したDMの料金

印刷料から発送まで一括したDMの料金

新規の顧客獲得の方法としてDMを発送する企業も多く、その料金も近年大きく下がってきています。
そして専門の業者によっては、印刷から発送まで行ってくれますので、デザインや内容を考えるだけで数多くの顧客へのアプローチが可能となります。
そんなDMの料金を知るためには、まず発送する枚数から、サイズを考える必要があります。
業者によっては最低ロット数が決まっているケースもありますので、100枚単位等で製作を依頼するとより安いコストでDMの製作が可能となるでしょう。
郵便で送る際には、サイズによって1枚あたりのコストが大きく変わりますので、より効果的なアプローチが可能なサイズにて送ると良いでしょう。
いくつかデザインのパターンを考えておくことで、効果の検証がよりしやすく、より効果的なデザインを見つける事にも繋がるでしょう。



DMの料金を把握したい方に向けて

商品の宣伝などの際に役に立つのがDMです。
そこで今回は、依頼した場合どの程度のお金が必要となるのか把握したいと考えている方に向けて、インターネット上で見積もりを依頼することを提案します。
近年様々な業者がインターネット上で必要事項を打ち込むだけで簡単に見積もり料金を表示するサービスを提供しています。
このサービスを利用することで、実際に依頼した場合はどの程度のお金が必要となるのかを簡単に把握することが出来ます。
テレビやインターネットなどに広告を掲載しようとした場合、多額の経費が必要となってしまいます。
少しでも経費を安く抑えたいと考えるのは当然です。
そんな時は、DMを上手に活用し、効率的に宣伝をしてみましょう。
興味を持った方はインターネット上から早速見積もりを依頼してみましょう、そして料金を把握しましょう。



DMの料金は工夫をすれば安くすることもできる

何も考えずにDMを大量送付すると、かなりの費用がかかってしまいますよね。
少しでも費用を安く抑えたいなら、業者の料金体系をしっかりと見て、考えて利用するしかありません。
料金は、一括大量注文をすれば割安になることは明白です。
それは、料金表を少し眺めてみれば分かることでしょう。
封書タイプのDMが必要ないなら、圧着ハガキタイプのものを選択するといいでしょう。
極限まで工夫をすれば、一通当たり数円というコストで広告活動を進めていけます。
業者によっては、長期的に契約を結べば安くなるというサービスを用意している場合もあります。
また、複数の会社のコストを比較してみるのもいいでしょう。
できることは色々とあるので、経営者なら考えてみましょう。
また、近年はFAXを使ったダイレクトメールも便利に使われ始めています。
ハガキや封書以外の方法にも目を向けてみるのがベストです。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP