DM料金を比較するポイント

TOP > DMの基礎知識 > 大きさや枚数によってDMの料金が異なります

大きさや枚数によってDMの料金が異なります

 DMは人を指定して送ることができ、様々な場面で活用ができます。そして、業者に依頼をするときには印刷代や宛名印刷代や送料が必要になります。そのため、大量に発送を依頼することによって料金を抑えることができます。
もちろん、業者によって異なりますが、ハガキサイズの印刷代では1800円ほどになります。そして、宛名印刷と送料として郵便代が必要になります。それで、6600円ほどで行うことができます。もちろん、印刷だけしてもらい自分で宛名書きをして送るという方法もありますが、結構大変です。そのため、大手の企業では発送までセットで依頼をするところが多いです。ちなみに、500枚出すときには30000ほどにできます。そして、サイズをA4サイズにもできます。この場合内容も多くすることができ、宣伝効果的に高くなります。この場合では500枚で70000円ほどで利用ができます。


DMの印刷料金はネット通販を利用して節約しよう

 ダイレクトメールはたくさんの人が手に取ってくれるため、高い宣伝効果が期待できます。企業が情報を宣伝したいときに欠かせないDMは、インターネット通販を活用することで低価格で印刷を依頼することが可能です。しかも、印刷から発送までを代行してくれる業者にお任せすると、よりしっかりと費用を抑えられます。もちろん、対応が非常にスピーディーなので、顧客への発送を急いでいるときも安心して依頼できます。
ちなみに、専門の業者なら、さまざまなタイプのDMに対応しています。通常のはがきをはじめ、圧着はがきや封書、透明の封筒など、豊富な種類に速やかに対応してくれるので、目的に合わせて利用できるのも魅力です。あらかじめ問い合わせれば、豊富な経験と知識を持つ専門スタッフの方が相談に応じ、その場で見積もりも提示してくれます。大切な情報を効果的かつ安い料金で宣伝したいときは、まずは気軽に相談してみるとよいでしょう。


DMの料金を下げたいと考えて企業がすべきこと

 DMはメールやインターネット広告が主流になっている現在でもまだまだ宣伝手段として影響力がありますし、直接届けられることで中身を読んでもらいやすくもあります。ただこうしたDMを企業内の社員で行おうとすると数が多くなれば多くなるほど人件費がかさんでしまい宣伝効果よりも業務効率の悪化の方が目立ってしまいます。
こうした悪い状況に陥らないためにも企業は専門業者に依頼し、低コストで短期間で準備・発送までを行ってくれるために発注すべきだと言えます。もちろん料金の安さは大切ですが、それだけではなくトラブルがあった時に対応してくれるように専門の担当がついてくれるかどうかは非常に大切です。また顧客にハガキなどを送ることになりますので、必然的に住所を含んだ個人情報を扱うことにもなるため依頼する業者がプライバシーマークを取得しているかも重要です。DMに掛かる経費削減のために料金に着目することは当然ですが、それだけに捉われず柔軟な検討が大切になります。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP