DM料金を比較するポイント

TOP > DMの基礎知識 > DMの料金を比較して決めることが大切です

DMの料金を比較して決めることが大切です

販売促進などに使われるDMですが、多くの人に送ることが大切です。
それに伴ってコストの面を視野に入れて依頼をすることが必要です。
料金としては、ハガキや用紙への印刷と送料がかかります。
まずは、V折ハガキであれば1000通作って7万円前後となります。
もちろん、大量に作成をすることによって、5000通で29万円ほどにすることもできます。
そして、より宣伝効果を高めるためにはA4サイズで送るという方法もあります。
特に、新たな商品の売り出しの時などは、写真はもちろんのこと詳細な情報を載せて送ることで見てもらいやすくなります。
この場合1000通で8万5千円ほどになります。
そして、別料金を支払うことによってデザインも行ってもらうことができます。
そのため、より効果的に販売促進活動をすることができます。
もちろん、業者によって料金が異なるため、数社比較をして品質なども比べることが重要です。



DMとなる様々な種類と料金の違い

企業にとって自社のサービスや商品などをユーザーに紹介する方法は様々あり、戦略として色々な手法を取り入れる企業がとても多いです。
費用などがかかりますが多くの人の目にとまる方法としてテレビコマーシャルのほかに看板や雑誌広告などがあります。
その中でもより広告料金を節約したい場合であれば、便利なのがDMになります。
種類としてハガキタイプの物が一般的に数が多く、一目でどのような広告なのかを知らせるこることができます。
そのほかハガキタイプでも圧着タイプなども種類の多いDMの1つです。
圧着ハガキは2枚の物と3枚の物があり、受け取ったユーザーはどのような情報が中にあるのか見てみたいという欲求を駆り立てるタイプになります。
それ以外により細かい情報を送る方法として封書などがあります。
様々な広告とあわせてサービスを利用するための申し込み書なども合わせて送ることができ便利ですが、送る資料が増えるので料金は割高になりやすいタイプです。



DMのコスト料金を抑える場合はハガキタイプが便利

様々な商品やサービスを取り扱う企業によって、より多くのユーザーに知ってもらう必要があります。
そのため様々な広告戦略を行う企業は多いですが、その中でも昔から多くの企業が取り入れている方法の1つとなるのだDMになります。
案内やサービスをまとめた物をユーザーに送ることで、多くの人に目にとめてもらう事ができます。
ですが送るユーザーが多い分、それだけDM数の枚数は増えていくことになります。
そのためよりコスト料金を抑えたい場合に人気があるのがハガキタイプになります。
ハガキタイプの場合は広告内容をより的確にまとめて印刷して郵送となるため、基本的に料金は1件につきハガキ1枚の料金に抑えることができます。
DM作成を業者に依頼する事もできますが、作成する枚数によっては自社で作成することもできます。
あえて自社で作成することでよりコスト面を抑えることもでき便利です。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP