DM料金を比較するポイント

TOP > DMの基礎知識 > DMの発送にかかる料金をなるべく安くするコツ

DMの発送にかかる料金をなるべく安くするコツ

DMは郵便物として扱うため電子メールなどと比較すると費用がかかり、なるべく安くする方法を探すと経費を削減できます。
送付するためにかかる料金は会社によって違うため、事前に見積もりを比較してから決めると安くなる方法を探せて便利です。
発送する時は利用者を増やせるように流れを決め、イベントなどの情報を伝えて興味を示してもらえるようにすると有意義に使えます。
個人情報を伝える場合は圧着ハガキを使うと開封しないと内容が分からないため、状況に合わせて使い分けると効果が高いです。
料金は基本的にサイズや送付する場所に応じて高くなり、仕分けをすると同じエリアにまとめることができてお得になります。
DMの発送にかかる料金をなるべく安くするコツは仕分けし、依頼する業者と相談して見積もりの内容を比較して決める方法が望ましいです。



DM発送は1通当たりの料金で比較

ダイレクトメールは昔から効果的なマーケティング手法として注目されており、現代でも数多くの業者や店舗で活用されています。
近年はDMと呼ばれ、1通当たりの料金も非常に安く手配出来る様になりました。
専門の業者を使う事で、まとめて一括で送る事ができ、デザインから印刷まで一括して対応してくれますので、是非一度DMの料金を各社比較してみましょう。
DMの料金を比較する際には、1通当たりの価格を比較する事でどの業者が最も安いのかを知る事が出来るでしょう。
郵送費も含めた上で検討する必要があり、送る枚数が多い程1通当たりの価格を抑える事も出来るでしょう。
実際に必要となるコストに対して、どの程度の効果があったのかを検証をし、次は違った訴求ワードを使ったり、違ったデザインで発送する等、毎回効果を検証し、次のアクションへと繋げてみましょう。



DMは料金で選んでいきましょう

告知などのためにDMを利用してみたいと考えている方もいらっしゃるかと思われます。
そこで、できればお得に利用していきたいというのであれば、利用する場所の比較を行っていかれるといいかもしれません。
まず最も注目すべきところとして、料金を挙げることができます。
同じ数のDMであっても、選ぶ場所によっては料金に違いが出てくることもあります。
そのため合計数にどれくらいの差が出るのかをしっかりとチェックしていかれるといいかもしれません。
また配ってくれる範囲にも違いがあり、その内容に関してはホームページや依頼時に確認することができます。
ですので、利用したい範囲を考えてから依頼を検討していかれるといいかもしれません。
必要なデータがあれば簡単に利用できますので告知などを目的に試してみられるのもいいのではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP